TOP

お葬式費用の内訳を知る

早い段階から万一に備え、お葬式費用を確保あるいは積み立てるに際しては、どのようなお葬式にするのか、そのイメージをより明確に掴んでおくことと同時に、具体的な費用の内訳の理解が大切です。ざっくりと総費用を捉えるだけでは、不要な部分に費用負担が生じるパック料金のコースを選択してしまったり、逆に必要な部分がオプション扱いで追加料金を負担せねばならないなど、無用なロスに繋がり兼ねません。

ちなみに内訳は大きく3つに分けて捉えることができます。まずは葬儀一式に関する費用で、遺体の搬送、通夜から火葬に至る間に必要な物品や人件費などが含まれます。葬儀会社のパンフレット上では葬儀プランなどと表現される費用です。次に通夜振るまいや精進落としなど、飲食接待費用も必要です。そして最後に仏式葬の場合、読経料や戒名料など、寺院に支払う費用も発生します。

これらはいずれも外すことができません。少しでも費用を抑えるのであれば、接待に必要な料理のグレードを抑える、戒名料を抑えるなど、現実的な対応が求められます。しかし、いずれも参列者にはそうした裏事情が露呈してしまう可能性が否めません。

そこで考えられるのが、お葬式の規模を小さくする方法です。一昔前のお葬式は、会社関係やご近所の方々が大人数でお焼香に並ぶ、それなりの規模の弔事というのが一般的でした。参列者の絶対数が増えれば、たとえば返礼品などに要する費用も膨らみますが、近親者のみで執り行う家族葬であれば、こうした費用面も少額に抑えられます。身内だけでの通夜、葬儀告別式ですので、先述の通夜振るまいや精進落としの料理のグレードに拘る必要も少なくなります。いわゆる家族葬と称されるこのスタイルを、寺院や公共施設ではなく、葬儀業者が管轄する小さな施設で執り行えば、会場確保に必要な費用も軽減できます。

お葬式の費用面の負担を必要最低限に抑えたいのであれば、いきなり葬儀業者がパック料金で提示する金額の大小を比較するのではなく、一般の参列者を招く形にするのか、あるいは近親者だけの家族葬にするのか、まずはその規模を家族間で相談するところから着手することがおすすめです。

ページの先頭へ戻る