TOP

お葬式費用をさらに抑える方法

お葬式の費用を抑える方法は、単に利用する葬儀業者の見積もり比較や、葬儀の内容や規模を抑えるだけではありません。他にも負担額を抑える上で活用できる方法が幾つか存在します。

まずは対象者が国民健康保険加入者に限られますが、逝去から2年以内に申請すれば、1万円から7万円の葬祭費の支給が受けられます。一方社会保険加入者の場合、5万円の埋葬料の受取りが可能です。ただし手続きの方法などに関しては、各自治体ごとに異なり、全国共通の規定はありません。

またこうした受給に関し、残された家族が手続きを忘れてしまいがちな給付や手当もありますので注意しましょう。いずれもお葬式が終わった後の支給ですので、一旦は葬儀費用を負担せねばなりませんが、後々の生活費に充当する上でも、関連知識をチェックしておきます。特に遺族年金に関しては、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金の3つがあり、被保険者の該当条件に基づき、いずれかひとつが支給されます。厚生年金加入者であれば、遺族厚生年金、遺族共済年金の受給対象者となります。いずれも所定の申請が必要です。その他加入中の民間保険会社の生命保険契約など逝去された家族が被保険者の契約の有無に関しても、見過ごしがないようにしっかり確認をして、お葬式の費用負担分の補填に充当する対応が望まれます。

次に生活保護対象者の場合、お葬式の費用負担が困難であれば、葬祭扶助制度の活用で、自己負担額なしで葬儀を執り行えます。ただしこちらも事前に所定の手続きが必要です。詳細は葬儀業者に相談し確認します。

また今日では、葬儀に関する保険サービスがあり、これらに加入しておくことで、万一に備えられます。ただし加入から保健期間開始までに、数ヵ月間待たねばならないなど、加入に際して注意が必要です。被保険者の体調面に不安があるなどの場合、必ずしもお薦めできないサービスです。現在健康状態に問題がなく、中長期的に万一に備えられるのであれば、活用のメリットが視野に入る選択肢です。このように所定の手続きを経て支給される金銭を、後々補填する流れを通じ、結果的にお葬式の費用軽減効果を得られる方法を知っておきましょう。

ページの先頭へ戻る