TOP

お葬式の費用面のご不安をお持ちの方へ

大切な家族を亡くしてしまったことの悲しみに、誰のどこにも悪意こそ見当たらねど、結果として親兄弟や親族間の揉め事に発展してしまうリスクが拭えないのが、お葬式の費用面に関する不安のトラブルです。こうした事例は遠い昔から随所で囁かれ続けているだけでなく、ここに遺産相続など、他のお金が絡む問題が同時進行で生じてしまった場合、状況は一層深刻になり、解決が困難となる可能性があります。こうした負の連鎖を未然に防ぐ意味でも、家族のお葬式の費用を早い段階から確保しておくことが望まれます。しかし現実問題としてなかなか、こうした方面に意識が向かず、実践が困難であるのが現状でしょう。

さらに、お葬式の費用の適正価格が、たとえば商品の売価や、一般的に明示されている数値が簡単に確認可能なサービスとは違い、見当がつけにくい現状もあります。全国各地の葬儀業者は、より多くの利用者にわかりやすくインフォメーションすべく、パック料金のような表示方式を用いたりもしていますが、全てをこうした事前設定の価格で割り切れないのもまた、お葬式という弔事ならではの特徴です。

加えて情報社会の今日、あらゆるエンドユーザーの口コミが縦横無尽に飛び交う中、信憑性に疑問符が否めない情報も数多く、いざ見積価格を目の前にしても、判断に迷ってしまう場面が少なくありません。葬儀業者側が誠心誠意の対応を提示してくれているにも関わらず、あまりの真偽入り混じった情報が錯綜する中、エンドユーザーの方が、正しい判断力を見失ってしまった結果と言えるでしょう。ここに親族間あるいは兄弟間の、人と人との距離感や経済状態などの諸事情が絡んだ結果、無用な感情面の軋轢が生じてしまうのが、冒頭でご紹介した揉め事となる経緯の一例なのです。

ここでは誰もが人生に於いて避けられない、通夜から葬儀に関する一連の費用面の負担との対峙に際し、正しく理解しておくべき基礎知識を中心に説明させていただきます。具体的にどのような費用負担が生じるのか、また葬儀業者と一括りに捉えがちな中、どのような種類の業者が存在していて、費用面とはどのような関係性が見られるのかなど、抑えておきたい内容をお伝えします。正しい予備知識をお持ちであれば、疑問点が生じた際の葬儀業者との質疑応答に於いても、誤った解釈のまま、全てを委ねてしまうリスクの回避に繋がります。非常にドライな現実ですが、それなりの金額が絡む、予期せぬ歓迎されないお葬式だからこそ、想定されるリスクを早い段階で回避する準備姿勢が望まれます。

お知らせ

[2018年07月25日] ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る